株式会社ファミリアス 新潟市中央区笹口3-17 ライフコア笹口3C

魔法のトイレトレーニング(R)

外出先でも「おしっこ」と ちゃんと言える(東京都 荒木さん)

しずくさんのマニュアルを読んでもっと早くからトイレトレーニングを考えてくれば良かったなーと思いました。 0歳の頃がとっても手のかかる娘で、初めての子供・・・
そして手伝ってくれる人も周りにいない状況だったので、自分の中でもういっぱいいっぱいになっていて。よく泣く子だったので、オムツで泣いているのかおっぱいだったのかわからないまま大きくなってしまいました。

2歳になっても周りのお母さん方が、「子供がちゃんと育ってからの方が早く楽にとれる」と言っていたので、3歳になってから始めると楽にとれるだろうとタカをくくっていました。
それでオムツも機械的に4時間くらい経ったら取り替えるをずっとしていました。オムツを触ってみてパンパンでなければそのまま遊ばせることもよくしていました。

ところが、3歳になってトイレトレーニングを始めたところ・・・まったくうまくいきません。普通、誘って何回かやっているとまぐれでできたりするといいますが、それがありません。
トイレに連れていこうとすると脱ぐ前にしてしまったり、着せてからすぐしてしまってたりでした。
娘は他のことはわりとよくできる方で、できるだけにプライドが高いというか、できないことを嫌う傾向があります。「失敗してもいいんだよ」と言ってはいたのですが。

しずくさんのマニュアルを読んでから、頑張ろうと思っている私の気持ちや態度が娘に伝わったのか、娘の取り組みも少しずつ変わってきた気がするのです。
そうして、ついに14日にオマルで初めておしっこをすることができました。それまでも何度もトライして、ダメでもらしたり、出なかったりしていたのですが、夕飯前についに初おしっこが出て涙が出るほど嬉しく、娘と抱き合って喜びました。たぶん、娘もつらかったんだなとわかりました。

それから娘のトイレトレーニングはけっこうすすみ、おしっこに関してはほとんどオマルかトイレでできるようになりました。 外出先でも、ちゃんと「おしっこ」と言えるようになり、日中はパンツでいられるようになったので、大大大進歩です!

ただ、まだウンチはパンツにもらしてしまいますが、
すごくすごーく長いトンネルを一歩抜けたような気がしますが、まだまだ気が抜かず、よりそって一歩一歩トレーニングを進めていこうと思います。
また、ご相談させていただくこともあるかもしれませんが、とりあえず状況報告まで。

あらきまさこ

Copyright© 魔法のトイレトレーニング(R) , 2022 All Rights Reserved.